お店のご紹介【bar villapon( びじゃぽん) 】

※このページでご紹介する商品はお酒です。20歳以上の年齢であることを確認できない場合は種類を販売できませんので予めご了承ください。

ついに来ました~、野毛っ!

横浜にもいくつか「越後」置いていただいてるお店がありまして、今日は桜木町駅近くの「びじゃぽん」さんにお邪魔しました。

こちらは国産のお酒にこだわったお店。 棚のラベルを眺めていても楽しい。

イケメンのマスターに、おつまみもいけてる。 ポテトサラダ、美味しかったなぁ~

他にも横浜で「越後」が飲めるお店をご紹介します。

●バー キング 中区野毛町2-70
深夜でも食事ができるバー。店主ケンさんがかっこよすぎる。バーなのに飯がどれも美味い!

●バー シープ 中区野毛町1-46-1 2F
シックで、落ち着いた店内と、渋いマスター、石川さんがめっちゃ素敵な大人のバー。

●Aurato 中区黄金町2-8
カクテルコンペでも有名なバーテンダーのバー。エイチ君のカフェラテも美味しい。

●愛嬌酒場 えにし 中区吉田町64-3
この界隈で、この女将を知らない人がいたら潜りと言われても仕方がない、超有名人。酒も、つまみも、女将も最高なお店。

●Brewpub Ergo bibamus 中区北仲通2-20
醸造所併設のビアパブ。クラフトビールと食事が楽しめます。ランチも営業中。

広告

お店のご紹介【Bar & dining Everlasting】

※このページでご紹介する商品はお酒です。20歳以上の年齢であることを確認できない場合は種類を販売できませんので予めご了承ください。

さて、今回は南魚沼市で「越後」が飲めるお店をご紹介します。

市内で本格的なカクテルが飲めるお店と言えばここ、

「エバーラスティング」さんです。

20190306_105558267_iOS

こじんまりとした店内にマスターおすすめのお酒がずらり。

生のフルーツを使ったカクテルも日替わりで楽しめます。

早速越後が入ったドライマティーニをいただきました。 美味い!

20190306_105500704_iOS

20190306_105606250_iOS

テーブル席もあるし。

でもって、マスターの高野さん。 東京でバーテンの修業を積んで、Uターンしてお店を始めたそうです。

20190306_105536552_iOS

これは湯沢から電車で通ってでも行きたいわ。

そして第2弾!

※このページで紹介する商品はお酒です。 20歳以上の年齢であることを確認できない場合は酒類を販売できませんので予めご了承ください。

かぐら南蛮のお酒、今度は世界中で大流行のクラフト・ジンになりました!

ジンになっても、かぐら南蛮の辛味・甘み・うまみは健在。

その名も「湯沢」

こちらは小売中心にどんどん販売します。

ご注文・お問合せは

Email npoearthlore@gmail.com
TEL  090-6029-7806  担当:近郷(きんごう)

お店のご紹介【カラオケスナック 暖々】

※このページで紹介する商品はお酒です。20歳以上の年齢であることを確認できない場合は酒類を販売できませんので予めご了承ください。

「越後」が飲めるお店、湯沢町でもう一件ご紹介。

温泉街にあります、「カラオケスナック 暖々(だんだん)」(TEL025-785-2560)

町民が老若男女を問わず集まってるお店です。 もちろん町外からのお客様も多数。
自分もよくこちらにお邪魔して、下手なカラオケを歌ってストレスを発散しております。

こちらではシンプルにソーダで割ったものや、ストレート、ロックなどお客様のお好みでお出ししてます。

20190212_123739530_iOS

「越後」はショットのみの提供になりますが、焼酎なら飲み放題のプランもあって、とってもリーズナブル。

素敵なママさんと、元気な女の子たちがお待ちしてまーす。

次回は町外へ。お楽しみに。

 

お店のご紹介【SWING BAR】

※このページで紹介する商品はお酒です。20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類は販売できませんので予めご了承ください。

かぐら南蛮リキュールが飲めるお店のご紹介です。

まず始めはやはり湯沢町で。

「SWING BAR」(TEL 025-788-1727 URL:http://ninjintei.net/swing.html)
湯沢町でカクテル飲むといえば、まあここでしょうね。 ビリヤードやダーツもできるし、豊富なメニューから選ぶもよし、お好みに合わせたカクテルも作ってくれますよ。

「越後」を使った定番カクテルがこちら。

左の写真が「かぐらブル」。
レッドブルと越後にライムを絞って、なんだか明日もやるぞ~って気になるカクテル。

右が「かぐ~らサンライズ」。
テキーラサンライズに越後の辛味が加わって、ちょっと大人な感じ?かな。

食レポがお粗末ですみません。

で、こちらがオーナーの樋口司君。
20190205_114606472_iOS

他にも数種類のオリジナルカクテルや、もちろんストレートやロックでもOK!

御来店お待ちしておりま~す!

ムスリム受入れ

湯沢町でまた新しい取組が始まりました。

最近何かと話題の「インバウンド」。 その中でも最も敷居が高いようにも見える「ムスリム」(=イスラム教徒のこと)の受入れを、地域おこし協力隊OBの奥田君が始めました。

自らの経験やネットワークを活かして、協力隊の任期途中にも関わらず一念発起して始めた事業です。

温泉街の空き民宿を借上げ、只今営業しながらリノベーション中。

協力してくれる飲食店さんに食材や調理法のポイントを伝え、ハラルの認定とかが無くても食事の対応が可能なようにしていくわけです。

この時期は雪あそびがメインになりますが、春以降も農業体験や書道など「和の心」をテーマとしたアクティビティを準備していきます。

お話を聞いて一番興味深かったのは、雪国と砂漠の共通点。 どちらもそこに放置されれば「死」に至るし、不毛の地であるけれどもそれと共存している、その切り口から和の心を紹介してくのが面白いんじゃないかと。

昨日もガルーダ・インドネシア航空の皆様が視察に訪れたので、ちょこっとお邪魔しました。ekika

駅から徒歩で宿まで行き、長靴に履き替えてから一本杉スキー場で雪遊びしつつ、レストランで昼食。 舞茸丼が一番人気だったとか。

その後宿に戻って抹茶を飲んでいただいたそうです。

周辺の施設との連携が取れて、どんどんオプションが増えていけばいいですね。

明日のゆうなび

2月6日 18:15~放送の「BSNゆうなび」で、かぐら南蛮リキュールが紹介されます。

10分程度の予定で、湯沢町地域おこし協力隊の近郷君が取り組んだ栽培から完成までのストーリーや、かぐら南蛮を知らない県外の方の感想などが放送されます。

どんなですかね~。 楽しみだわ~。

チラシもできました。

チラシ1
※このページで紹介する商品はお酒です。 20歳以上の年齢であることを確認できない場合は酒類のは販売できませんので予めご了承ください。